ご挨拶

 

sasagawa_new.jpg


会  長(代表理事)
笹  川   堯

皆様には、日頃より本事業団をご支援いただいておりますことに、御礼申し上げます。

私は昭和42年の設立より現在に至るまで、多年に亘り血液事業に携わって参りました。その間、血液事業を取り巻く環境は、想像以上に激動してまいりました。私も血液事業推進議員連盟を立ち上げ「血液新法」の成立に関与するなど、できうる限りのことはしてきたつもりですが、厚生労働省、日本赤十字社をはじめとする関係各位のご努力で、献血制度の普及、発展がなされて参りました。本事業団と致しましても、医療機関に対する血液供給体制の充実、献血思想の普及啓発を通して発展の一助となったものと自負しております。また、平成9年9月からは東京臍帯血バンクを立ち上げ、白血病などの血液疾患の患者さんの治療にも貢献してきました。東京臍帯血バンクは平成26年3月をもってその役割を終え、日本赤十字社に業務移管することになりました。これまで多くのボランティアの方々のご協力とお母さんと赤ちゃんの臍帯血に支えていただくことで、多くの患者さんを救い、臍帯血バンク事業の発展に貢献することができましたことを心より感謝申し上げます。

現在、日本の献血制度は、世界に類が無いほど純粋な献血思想あふれた制度に作り上げられております。

日本人の心といっても過言ではないでしょう。しかし、グローバル化時代においては血液事業も単純な市場原理に流される懸念があります。私は世界に冠たる献血制度を日本の誇りとして継承していくべきだと思っております。

本事業団も、患者さんと社会からの期待に応えて、この日本人の心を安全に迅速に患者さんのもとにお届けできることを最大の誇りとして、血液事業の発展に職員一同たゆまぬ努力を続けていく決意であります。今後とも皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。

 

●  ●  ●

 

ko.JPG

   理 事 長(代表理事)
小 松  博 久

本事業団は昭和42年1月23日に東京都知事の許可を得て財団法人として設立され、4月1日より東京都内において血液供給業務を開始致しました。当初は都内2カ所の供給基地(渋谷の本部と武蔵野支所)、職員16名、車両8台(内緊急車2台)で業務を開始し、年間の血液供給量も16万単位でしたが、以後逐次、供給基地、車両、人員を整備、増強し、現在は7カ所の供給基地及び事務所を設置し、車両77台(内緊急車56台)、職員137名を配し、血液供給量も235万単位に達しました。

献血者の善意に基づいて日本赤十字社に献血された尊い血液を、昼夜遠近の別なく、何時、如何なる場合にも、一刻も早く、正確に、患者さんのもとにお届けすることを使命として業務を行っています。

昭和40年代には、売血から献血100%を目標にし、これを達成しました。昭和50年代は医学の進歩に伴い血液使用量が飛躍的に増大し、同時に成分献血の普及、推進がなされました。昭和60年代は血漿分画製剤が多用されるようになり、輸入売血による血漿分画製剤の大量消費が問題となり、更に輸入製剤によるHIV(エイズ)感染の問題が深刻な社会問題となりました。

国はこの反省から、平成2年に全ての血漿分画製剤を国内の献血で自給する方針を固め、血液新法のもとで国内自給完全達成を目指しています。本事業団は国内自給を目指し、献血製剤の普及にさらなる努力をしてまいります。

また、本事業団は平成9年に東京臍帯血バンクを設立し、平成26年3月の業務終了までに約1,700人の白血病等の患者さんに臍帯血を移植のために提供致しました。

本事業団は患者さんのために私たちでもっと何かできることはないのか、ということを常に念頭において業務を行い、「お金では買えない血液」という献血の思想に基づいてその責任と使命を立派に果たしていけますように、職員一同、努力を積み重ねていく所存です。今後とも皆様のご支援、ご協力をお願いいたします。