血漿分画製剤の供給業務

昭和48年度より東京都内の医療機関を中心に血漿分画製剤の供給業務を開始し、日本赤十字社が血漿分画製剤の本格的な製造を開始して以来、献血による国内自給の達成を目指し鋭意その供給拡大に努力をしています。血漿分画製剤の取り扱い製品は赤十字アルブミン、クロスエイトM、ポリグロビンNのほか、医療機関の要請により民間メーカー製造の献血由来の血漿分画製剤を受け入れ、供給しています。平成元年9月の厚生省新血液事業推進検討委員会第一次報告の中で、血漿分画製剤の供給体系は全国を数ブロックに分けて公益法人に担当させるべきとの提言がされました。当団はこの報告に基づき、平成2年6月法人の所管が厚生大臣に移管され、その趣旨を踏まえ、平成3年3月に厚生省、日本赤十字社及び事業団三者の合意がなされ、血漿分画製剤の供給は関東地方を中心とした1都8県に拡大することになりました。


 

mini_title.gif
  血漿分画製剤
                  ketsueki_bunga_photo1.jpg             ketsueki_bunga_photo2.jpg           
           乾燥濃縮人血液凝固第8因子   人血清アルブミン                   
         
  ketsueki_bunga_photo3.jpg   ketsueki_bunga_photo4.jpg  
  静注用人免疫グロブリン   抗HBs人免疫グロブリン  

 

 

   

    ketsueki_bunga_2.gif
box_blue.gif 血漿分画製剤等の受け入れ
sen.gif p09_yajirusi.gif

box_blue.gif保管管理
sen.gif

保冷庫には温度異常に対する警報装置を設置するとともに1日5回の保管温度の点検を行ない24時間適正温度での保管管理を行っています。

p09_yajirusi.gif

box_blue.gif医療機関から発注
sen.gif

24時間365日体制で医療機関からの発注に対応し急を要する供給要請にも対応しています。

p09_yajirusi.gif

box_blue.gif血漿分画製剤の供給
sen.gif

適正な温度を保持するために、専用の供給バッグに収納し医療機関等に供給を行っています。

 
 
 
 
 


 

ページTOP ▲